So-net無料ブログ作成

Dr. 倫太郎 動画 7話 あらすじ ネタバレ注意 [テレビドラマ]

rin1.png
twitter maiken ‏@munemaikenより引用


第7話のネタバレあらすじですので、必ずドラマを視聴できるという人はスルーしてください。

Dr. 倫太郎(堺雅人)は、明良(蒼井優)の診察を本格的に開始することなります。
しかし、診察室に来たのは明良のふりをした彼女の別人格・夢乃だった。

夢乃は部屋の中をめちゃくちゃにするほど暴れ、倫太郎に抵抗します。

このあたりの蒼井優の演技は見どころですね。

ネット上でも蒼井優の演技については、絶賛の嵐です。
ここまで繊細に表現できる役者さんは少ないのでは、、


そんな中、薫(内田有紀)の息子・深也(平林智志)が美術展でグランプリを受賞。
サヴァン症候群を伴う自閉症スペクトラムである深也は、豊かな芸術的才能を持っているのだ。深也の特殊な脳の機能に目を付けた宮川(長塚圭史)は、深也を研究対象にしたいと申し出る。

また、新しい病名が出てきました。

サヴァン症候群。

自閉症障害や知的障害を持っている人のなかで、
ごく特定の分野に限って、通常人では考えられない
優れた能力を発揮する者の症状を指すそうです。

例えば膨大な書籍を一度読んだだけですべて記憶して、
逆から読み上げることもできるとか、、

ダスティン・ホフマンが主演した「レインマン」という映画がヒットして
サヴァン症候群という名前もポピュラーになりました。

日本では山下清・大江光(大江健三郎の長男)などが、
該当するのではいわれています。

深也の担当医を務める倫太郎は、深也の負担を考えて激しく反対。
しかし、宮川の提案に興味を持った円能寺(小日向文世)に、倫太郎は深也と夢乃の担当を外れるようにと命じられてしまう。

この円能寺の決定には、夢乃と倫太郎の間をかすかに疑っている
円能寺の潜在意識も入っているのでは、、、

それにしても小日向は権力を持ったいやらしい
中年男ははまり役ですね。

自らの無力感にさいなまれ、深く落ち込む倫太郎。
そんな彼の前に、明良が現れ…。

今ひとつブレークしないDr.倫太郎ですが、
あまりに倫太郎が理想的すぎて、対抗できる悪役が
いないのも一原因なのかなどとも思えますが、どうでしょうか?

余談ですが、前回連れ去られた倫太郎の愛犬・弥助。
可愛かったですね。

また、出てきて活躍してくれないかな♪

見逃した過去話を無料で見るにはこちら



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました