So-net無料ブログ作成
検索選択

Dr. 倫太郎 動画 8話 あらすじ ネタバレ注意 7話 感想 [テレビドラマ]

CFCLhGaUgAEcp4x.jpg

弥助も演技に集中するとさすがに疲れるようです。
ドラマが退屈だというわけではないので、誤解のないように!

第8話のネタバレあらすじですので、必ずドラマを視聴できるという人はスルーしてください。

Dr. 倫太郎は副院長であり脳外科医の蓮見(松重豊)振る舞いから、彼の視力が落ちていることに気付きます。
倫太郎は心因性の視力障害を疑い、検査を勧めますが、蓮見は単なる立ちくらみだといって視力障害自体を否定します。

というのは蓮見は円能寺(小日向文世)から、脳腫瘍の手術を依頼されていたのです。
その患者とはある大臣の一人息子なのですが、腫瘍の部位に問題があり手術によって患者の記憶が失われる危険が大きいのです。
そのため、蓮見は手術はできないと院長に申し出るのですが、円能寺は政治的理由で強引に執刀を命じます。

このあたり、いつもの円能寺の権力欲が十分に発揮されますね。

倫太郎は、蓮見の目が見えなくなった原因を探るため、蓮見の同期だった荒木(遠藤憲一)に相談します。そして、蓮見の過去に隠された「ある事件」が明らかになります。

蓮見の過去に隠された「ある事件」とはなんなんでしょう?
筆者は前後の文脈から医療事故ではと想像しますが、はたしてあっているでしょうか?


一方、るり子(高畑淳子)から呼び出された明良(蒼井優)は、るり子が発した言葉に激しく動揺することとなります。

またまた、高畑淳子の憎らしさMAX発揮の名演技が見られそうで個人的には楽しみです。

この結果、明良は倫太郎に助けを求めることとなりますが、
その際に倫太郎が口にする

「夢乃さん、僕はあなたを消したいなどと思っていません」


うーん。深いですね。
さすがに精神科医。

明良と夢乃、二人の断裂を倫太郎は解消することはできるのでしょうか?


第7話の深也役の少年はオーディションで選ばれたらしいですが、
さすがに上手くて思わず涙ぐんでしまいました。

そして弥助も決めていましたね。


見逃した過去話を無料で見るにはこちら



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。