So-net無料ブログ作成
検索選択

Dr. 倫太郎 動画 最終話 あらすじ ネタバレ注意  感想 [テレビドラマ]

img_photo_10.png

第10話(最終回)のネタバレあらすじですので、必ずドラマを視聴できるという人はスルーしてください。

倫太郎(堺雅人)はスキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられていますが、
それが幸いしたのか、医師としての一線を越え、一人の男として夢乃(蒼井優)を抱きしめます。
そうして明良とともに穏やかな時間を過ごすうち、医師としても明良の解離されていた人格が統合されはじめたのではないか思えるほど治療の効果を感じ始めていました。

そんな折、明良の母るり子(高畑淳子)が無銭飲食で逮捕され、実娘の明良は身元引受人として倫太郎と一緒に警察に出頭することとなり、不安を抱えつつも明良はるり子と対峙することとなります。

一方、倫太郎のスキャンダルによって新病院開業の野望が破れた円能寺(小日向文世)は、前回での蓮見の手術の成功で有頂天になっていたところから反対のどん底に突き落とされたと感じ、その失意から精神を病み始めます。
そうして円能寺は、すべてが倫太郎のせいだと暴れ始めて、倫太郎をはじめ蓮見(松重豊)や宮川(長塚圭史)にも「みんなクビにする」と言い放ちます。

そんな円能寺を見かねて、蓮見は病院の行く末を心配して倫太郎に、円能寺を何とかしてほしいと頼みます。
円能寺を急性ストレス障害だと診断した倫太郎は、円能寺と向き合い、彼の話を聞こうとします。
倫太郎は明良と過ごす時間の中で、明良の存在が自分自身にとって、無くてはならないものだと気づき始め、そして母・加奈子の命日、自分の気持ちを明良に告白する決意をします。

(予想できた結末ですが、こう収めるしか仕方なかったのでしょう。
ちょっと気になるのは百合子(吉瀬美智子)の気持ちはどうなんでしょうね。
 また、蓮見にしろ円能寺にしろ簡単に精神を病んでしまいますが、病人の作りすぎという気がしないでもないです。精神科医が主人公だから治す患者がいなくては困るわけですが、、、)


見逃した過去話を無料で見るにはこちらが便利です





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。