So-net無料ブログ作成
検索選択

【あと3日】安さ重視が生み出した重大な問題 [グルメ]

1705142219.jpg

消費者に起きている重大な問題があります。

それは、どんなに健康に気を使っている人でも、外食などで添加物を摂ることは避けられないこと、

そして、そうでなければ、食品添加物の摂取量は年間4~5kgとも言われている実態です。

「添加物はキライだけどそれが入った食品は大好き」という矛盾した状態が起こっています。

しかも、消費者はそのことに気づきすらしていないのです。

添加物が嫌われながらも、なぜこれほど使われるようになり、むしろ今も増え続けているのでしょうか?

消費者が気づかされていない実態、添加物が増え続けている実態は
こちら。

http://directlink.jp/tracking/af/1235620/wH034xPp-1KrhIKdv/
【あと3日】

その最大の理由は、「安さ」です。

安さは、生産者側の都合ばかりではありません。

明確に、消費者が意識せずとも“望んできた”ニーズでもあります。

例えば、加工された唐揚げ。

鶏肉、しょうゆ、しょうが、にんにく、砂糖、食塩、などのほか、

発酵調味料、たんぱく加水分解物、や、衣(コーンフラワー、小麦粉、でんぷん、卵白粉末、粉末状大豆タンパク、加工でんぷん)、増粘剤(キサンタンガム)、乳化剤、着色料(アナトー色素、カロテノイド色素)
衣(コーンフラワー、小麦粉、でんぷん、卵白粉末、粉末状大豆タンパク、加工でんぷん)、調味(アミノ酸等)、ベーキングパウダー、増粘剤(キサンタンガム)、乳化剤、着色料(アナトー色素、カロテノイド色素)

などが使われます。

発酵調味料とは、純米みりん、純米料理酒に似せ、安い材料で置き換えてつくった調味液。

から揚げの衣は家庭では通常、小麦粉、片栗粉でつくりますが、

業務用では、

食感や見た目のため、原価の安い輸入食材の長期保存による冷凍変性を防止するため、油のにじみ防止や口当たりを軽くするなどのために、一つ一つと、添加される内容は増えていきます。

きれいな揚げ色になるよう、着色料も必要です。

「安さ」を追求する中には、これだけの要素があります。


毎日365日、普通に食べれば一年で1000食を超える、

刻一刻と今もあなたやご家族の体に影響を及ぼし続ける「食」について「知らず知らずのうちに」摂り続けるという状態でいいのでしょうか?

日本が誇るはずの基本調味料までもが添加物頼みで、しかも消費者がそれに気がつかない。

むしろ「偽物」の調味料の味の方が美味しいと感じてしまう・・

そんな現実を放っておいて、いいのでしょうか?

この現実を食い止めるために動き出したのが、こちらの人物による【資格講座】
です。

一般消費者でも、かなり深いレベルで食品製造について読み取れるようになり、何を避けるべきかわかり、人にも教えてあげられる。だから周りのすべての方の健康にも寄与できる、そんな人を養成する【資格講座】だそうです。

まずは、本人が明かす食の実態をこちらで学んでください。
↓ ↓ ↓
http://directlink.jp/tracking/af/1235620/wH034xPp-1KrhIKdv/
【あと3日】

そして、この現実をどうやって食い止めればいいのか、考えるきっかけにしてください。

こちらからすぐ無料で請求できます。

無料で請求できるのは【あと3日】です。

ぜひ今すぐ登録してください。
↓ ↓ ↓
http://directlink.jp/tracking/af/1235620/wH034xPp-1KrhIKdv/


スポンサーリンク






nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0