So-net無料ブログ作成
検索選択

リーマショック以上の悲劇が世界を襲うとき、あなたは対応できますか! [世界情勢]

1609240136.jpg


2010年のPIIGS危機。

ポルトガル、イタリア、アイルランド、
ギリシャ、スペインの債務危機が、

世界金融システムを
震撼させてからわずか6年。

ポルトガルもギリシャも
完全に再起していないこの時に、

リーマンショックをはるかに超える
金融危機が発生するという、
とてつもなく危険な情報が入ってきました。

金融危機の発生は、この秋。

つまり、今すぐ起こっても
おかしくありません。

それなのに、日本の経済新聞は、
どこ吹く風と聞き流してる様子。

ヨーロッパの危機に触れていても、
まったく的外れの報道をしています。

その一方、官民問わず、
今まさにあなたの金融資産が
消えてしまっても、
何もおかしくない状況です。

もはや、投資家の皆様の資産を救う情報は、
ここでしか手に入りません。
↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1235620/4sBPugzb/

それは、なぜか。

2008年のリーマンショックの
発生を予測し、見事に的中をさせた
人物への緊急インタビュー映像を
ご視聴頂けるからです。

リーマンだけでなく、
パナマ文書事の流出よりももっと前に、
タックスヘイブンの行く末を予測し、
怖いくらいに的中させているとか。

ですから、その映像は、
あなたの正しい投資判断の指標に
なること間違いありません。

緊急インタビュー映像のご視聴方法はこちらから。
↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1235620/4sBPugzb/


さらに、上記の緊急企画では、
ヨーロッパ危機第二弾と時を同じくして
世界を震撼させるであろう衝撃情報が、
絶賛公開中となっております。

緊急動画を無料公開してから間もなく、
情報の精度の高さが証明されたことに
唖然とする人続出。

こちらも見逃せません。
緊急動画は今すぐご覧頂けます。
http://directlink.jp/tracking/af/1235620/4sBPugzb/


nice!(1) 
共通テーマ:ニュース

「君の名は」の監督 新海誠の旧作がHuluで大人気! [エンターテイメント]

1609210133.jpg

新海誠監督の「君の名は」が大ヒットで、ジブリを超えたともいわれています。

また、音楽を担当したRADWIMPSのCDも発売後2週連続でオリコン1位です。

新海監督は以前からRADWIMPSの大ファンで、ぜひにと頼み込んだと明かしています。

これほど、音楽と映像がシンクロしているのも珍しいかもしれません。

映画音楽は通常、映像に音を合わせるのですが、「君の名は」は製作過程が逆で音楽に0.1秒の差もないように調節したそうです。

私が見た劇場でも、地方都市なので普段はがらがらなのですが、驚くぐらい人が入っていました。

映像の素晴らしさとそれを倍加させる音楽との幸福な饗宴は心地よく、
新しい才能の登場を感じさせました。

映画の舞台となった場所を訪れる聖地巡礼も盛んなようですが、マナーの悪い人が少しいるらしいのは残念です。

良い作品を見て、その作者をいままで知らなかった場合、
その人の旧作をみてみたいと思うのは当然で、いろいろと調べてみたら
Huluで旧作4本を放映しているんですね。

Huluは良く見られた動画を発表しているんですが、
ここでも新海誠の旧作が上がってきています。

Huluは2週間の無料お試しがあるので、
さっそく利用させてもらいました。(笑)

Huluの概略はこちらが良くまとまっています。

RADWIMPSの「前前前世」の楽譜も売れ行き1位になっているのと、
その場所にも驚きました。

なんと家からネットで注文して、自宅でで楽譜がプリントできるんですね。
昔は欲しい楽譜を探して楽器店を回るんですが、なかなか見つけることが出きなかったものです。

あらためて、便利な時代になったなと、、
すこし時代遅れの感慨でした。

楽譜プリントサービスはこちら
↓ ↓



nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

アメリカ大統領選の真相とリーマンショック以上のヨーロッパ発金融危機の発生 [世界情勢]

1609041600-01.jpg

【緊急】アメリカ大統領選挙は民主党VS共和党の戦いではない!
のタイトルでご紹介した動画ですが、もうご覧いただけたでしょうか?

昨日1回目の動画

【第1回】アメリカ大統領選の真相(前編)
「既成支配層の飽くなき膨張~ヒラリー勝利の場合~」

が公開されたので、登録すればすぐにでもご覧いただけます。

前回の記事は動画公開前の時点で、ある程度内容を推測して書いたものでしたが、
おおむね内容の予測はあたっていました。

もちろん、全然知らなかった情報がほとんどで、
これはさすがにマスコミも隠蔽するなという情報のオンパレードです。

インタビューの形で情報提供をしてくれているのは
藤井厳喜氏です。

藤井氏はリーマンショックを予測して的中させたことでも有名です。
また、いわゆるパナマ文書がリークされる前から
アングラマネーの動向を追跡していて、
現在は国際金融資本にたいして国家の逆襲がはじまった段階だと分析しています。

大統領選挙に戻りますと、

最近のマスコミの報道では、

「異端児か、女性初か」

という言葉が踊ってます。

文脈をそのまま読むと、
トランプは異端児ということになります。
誰にとっての異端児なのでしょうか?

人気俳優のジョニー・デップはトランプが大統領になれば、アメリカは終わりだと発言しています。

青山繁晴でさえ、どちらがなってもアメリカの終わりの始まりだといっています。


私は基本的には青山繁晴さんの言動は信頼していますが、
この発言はちょっとどうかなという感じです。

しかしながら同時に暗殺の可能性を指摘して、ケネディー以上の警護体制をひいているとも言っています。もちろん国の予算です。一人の大統領候補にしては異例とのことです。

アメリカの司法も暗殺は防ぎたということです。
ということは、青山さんもトランプが誰に都合が悪いかという目星はあるということです。


確かにトランプは自力でのし上がってきた不動産王で、言動は品がないかもしれません。
ただ、それはあくまで表面的なことですし、マスコミによるネガティブキャンペーンの影響も大きいと思われます。

マスコミでは全く報道されませんが、
トランプの支持層はいわゆる中間層で、とくに国の治安と秩序を守る軍人・警察・消防士などから、
絶大な支持を得ています。

つまり「法と秩序」を守る層からの支持ということです。

一方クリントンはどうでしょうか。

Email不正使用疑惑問題で、FBIに事情聴取されていることはご存知かと思います。

ただ結果は不起訴。

FBIでも起訴できなかったわけですが、起訴事実がなかったわけではありません。
FBI長官は公聴会でヒラリーは偽証していると証言しています。
これが精一杯の抵抗だったのかもしれません。

つまりヒラリーは「法と秩序」を踏みにじっても見逃される層から支援されているわけです。

異端の反対は正統。

「法と秩序」など、我々には関係ないというのが正統派の論理なのです。

そのような正統派に対する反逆。
アメリカという国の主人公は誰なのか?

一握りの既得権益層なのか一般アメリカ国民なのか?

トランプが支持される理由は、アメリカ国民のもう騙されるのは沢山だという感情です。


今回の大統領選はアメリカのみならず、世界の行方も支配します。

もちろん、日本も。

どちらが大統領になるかによって、尖閣諸島や慰安婦問題にも影響が出てきます。


今までの大統領選は民主党にせよ共和党にせよ、ある勢力の掌の上の選挙でしたが
今回は違うようです。

それが証拠にはトランプが正式の大統領候補になりそうになった時の
共和党主流派の狼狽ぶりからも明らかです。

また、民主党主流派の露骨なサンダース引きおろし工作からも。

ある意味、サンダースとトランプは少し意見は違うけど同じ土台(一般国民)の支持を得ていたわけです。

つまり、トランプは現在アメリカをひいては世界を支配している勢力に
まっこうから反対する普通の国民の代表として登場したのです。

もしトランプが勝てば、世界は大幅な地殻変動をおこすでしょう。

それは日本の大多数の国民にとっても良いことです。
もちろん、一部の既得権益層は必死に抵抗するでしょうが、
マスコミによる洗脳もだんだんとはがされていくはずです。

イギリスがまともな普通の一般国民の常識をもとにEUからの離脱を選択したように。


マスコミは選挙戦の意義の重大性に人々が気づかないように、
選挙戦の論点をそらしています。

「異端児か、女性初か」などと。

動画ではこれが周知されれば、ヒラリーが撤退せざるを得なくなるだろう情報についても触れています。

すべて公開情報です。
藤井氏は公開情報と具体的な数字をもとに論旨を進めていきます。

ただ、マスコミは報道しません。


藤井厳喜氏へのインタビュー
「アメリカ大統領選の真相」
1609041600.jpg

こちらからご覧いただけます。


アメリカの大統領選挙は、自分たちには関係がない他国の選挙ではありません。

もちろん真実を知ったからといって、我々がアメリカの大統領選挙に直接関われるわけではありません。

ただ、その真の意味・背景を知ることは我々の思考に新しい視点を付け加えてくれるでしょう。

次回の動画は
【第二回】アメリカ大統領選の真相(後編) トランプ現象の真実~トランプ勝利の場合~

の由。

また、三・四回目でヨーロッパの金融危機について語られます。

藤井氏の見解に異論を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

当然です。
すべての言説は疑ってしかるべきですから。

ただ、聴くに値するインタビューであることは確かです。

我々の未来を占う動画の視聴先はこちら




nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

【緊急】アメリカ大統領選挙は民主党VS共和党の戦いではない! [世界情勢]

1609041600.jpg

アメリカ大統領選挙が
二ヶ月後の11月に迫ってきました。

今回の大統領選では、
必ず現職以外が就任するのですが、

オバマの「CHANGE」で、日本でも
大盛り上がりだった8年前に比べて、

今回の大統領選挙の冷めようといったら
目も当てられません。

それも、そうでしょう。

民主党のヒラリー候補は、
夫婦揃ってダーティマネーに
どっぷりつかり、

共和党のトランプ候補は、
反移民・女性蔑視・反イスラム
の過激発言の連続で、
大統領候補どころか危険人物指定。

どっちかがならないといけないのなら、
もはや、どちらでもいい。

この空気が、
つまらない大統領選の
原因だと思います。

しかし、
ここで一歩立ち止まってください。

どうやら今回の大統領選、
どうでもいいなんて思ったら、
大間違いだそうです。

なんでも、この勝敗の行方が、
世界人類の運命を決定するとか。

ことの重大性に人々が気づかないように、
マスコミによって選挙戦そのものが
矮小化されているそうです。

世界人類の運命。
マスコミによる事実の隠蔽。
大統領選挙の印象操作。

ところが、マスコミの隠蔽操作に打撃を与える情報がリークされるかもしれません。

あのウィキリークスが
ヒラリー・クリントンの暗黒面を暴く
大胆な情報漏洩を行なおうとしているとロイターが報じています。
↓↓
http://jp.reuters.com/article/usa-election-wikileaks-idJPKCN11009R

アメリカ大統領選挙は、
二ヶ月後の11月8日。

1609041600-01.jpg

アサンジの身に何もなければ、
二ヶ月以内に何かしら具体的な
発表がなされるはずです。


だんだんとキナ臭くなってきました。

ここで、ご紹介したいのが、
こちらの情報です。
http://bit.ly/2cpPn8i

日米マスコミが絶対報じない
アメリカ大統領選の真実」

あなたの大切なものを守るため、
大事な情報がここにあります。

ぜひリンク先をご覧くださいませ。
http://bit.ly/2cpPn8i

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース