So-net無料ブログ作成
検索選択
生活お役立ち情報 ブログトップ

出会いの形は数知れず!今どき彼氏・彼女の募集は掲示板で♡ [生活お役立ち情報]

sunset-2828_960_720.jpg

出会いの形は数知れず!今どき彼氏の募集は掲示板で♡

彼氏募集中!!
でも、毎日が忙しく毎日の生活は家と会社の往復だけ…
出会いなんて期待できない!!!
と悩む女性も多いはず。

そんな女性にうれしい、家と会社の往復だけでも
素敵な出会いが期待できる方法があるってご存知ですか?

そんなうまい話が…と思うでしょうが、
出会いの方法は、さまざま。
家にいて、素敵な男性と出会える方法の一つが、
インターネットを使ったオンラインでの出会い、「掲示板」です。

パソコンがなくても、
今はたくさんの人がスマホを持つ時代です。
そのスマホでゲームをしている時間に、
出会いが期待できるんですよ。

知らない人と、ネットの中での出会いって大丈夫?
なんて、不安があるのも当然です。
この、オンラインでの出会い「掲示板」について、
詳しくご紹介しますね~。


掲示板で異性と出会うメリットとデメリットとは?
school-1822678_960_720.jpg

ふつう私たちが考える出会いは、
今ある人間関係の中で、相手を探したり見つけて
恋愛関係に発展していくというパターンが多いでしょう。

でもこの出会いは、自分の行動範囲以外の人との出会いはほぼ期待できず、
人見知りの人や、社交的でない人にとっては、
たくさんの人と会う必要がある今までのパターンでは、
出会いが広がらないことがあります。

しかし、オンライン上の掲示板での出会いは、
今まで自分が興味を持たなかった、まったく違うジャンルの人と
仲良くなれる可能性があり、
また、最初から出会いを目的に集まってきている人がほとんどなので、
じっくりと時間をかけて関係を築いていく必要がなく、
今まで私たちが経験してきた出会いよりも、
速いスピードで次へのステップに進展することもできます。

でもやっぱり、実際に顔を見ないネット上の出会いには
不安もありますよね。

その中でも多い不安要素を紹介しておきます。

実際に出会いを求めておらず、
ただ遊び半分に登録している人もいます。
サクラと呼ばれる人や、出会い掲示板に登録するときに必要な
電話番号や本人確認の際の書類などを
悪用する業者もいることは事実です。

また、会員登録した後に、
ほかのサイトへ誘導して高額請求するという手口もあります。
完全無料のサイトだからと言って、簡単に登録しないように
しっかりと吟味しましょうね。

安全掲示板であっても、
実際顔を見て出会うわけではないので、
掲示板上ではいい雰囲気でも
いざ会ってみたら、思っていた雰囲気と違う…
なんてこともあります。

でも中には、
真剣に出会いを求めている人もいて、
細かいプロフィールが分かることも多いので、
焦らず、掲示板でのいい出会いを待ちましょう。

掲示板で彼氏を見つけた女性達の本音を探る!
product-presentation-1763066_960_720.jpg

いざ、掲示板で彼氏をゲットした女性も、
友人や親族、親への報告はいろいろです。

・出会いの方法はきっかけでしかないので、
隠す必要はない
・掲示板もいろいろですが「出会い系」と聞くと
最近犯罪も多く印象が悪いので
出会いのきっかけは「友人の紹介」と言っている

・掲示板も出会い系ではなく「趣味のサイトで知り合った」と
いうと、周りからの印象も悪くない

掲示板も出会いのきっかけの一つなので、
特に隠す必要はないと考える人も多いようですが、
やっぱり、少し年配の人には
「顔も知らない人との出会い!?」と
あまりいい印象を持たれないかも…との不安があるので、
違う出会いを演じる人もいるみたいですね。

まとめ

掲示板での出会い。
今では珍しいことではありません。

実際に、掲示板で出会い結婚し、
子供を授かって幸せに生活している人もたくさんいます。

ただ、掲示板も危険なものがあることも事実ですので、
自分でしっかり掲示板を見極めて
利用するようにしましょうね~。

モテLogi「女性の本音を引き出す方法」 ~自然と恋人になる11の手法~
nice!(0) 

進化し続ける友達の輪!懐かしきメル友募集を掲示板で! [生活お役立ち情報]

 メル友.jpg


メル友とは、実際に会ったことのないメールのやり取りだけの友達のことです。



自分の本名や年齢など詳しい情報を明かさないままやり取りをすることが多いので、身近な人には話しにくい相談などが気楽にできますよね。



ただ、会ったことがないので相手について多少の不安はあるかと思います。


そこで今回は、メル友について募集に当たって気をつけたいことや、おすすめできる掲示板について紹介していきます。


 


メル友募集にあたって注意しておきたいこととは?


メル友募集にあたって注意しておきたいことがいくつかあります。


悲しい思いをしないように、以下の点を頭の片隅においといてくださいね。


 


l  悪徳業者


メル友募集の運営歴が、極端に短いところは注意しておいた方がいいと思います。



利用者をだまそうとしているところは、何回も新しい会社を立ち上げているところが多いからです。


なので、まずは運営歴が長いところを選ぶようにしましょう。


 


l  クリック詐欺


何気なくクリックした瞬間に入会したことになっていたり、実に覚えのない料金を要求されたりすることがあります。

 


実に覚えがない場合、無視しておくことが一番の解決策になります。あせって電話してしまったり、問い合わせ先にメールを送ってしまうと迷惑メールなどがたくさん来るようになってしまいます。


十分ご注意ください。


 


l  個人情報


登録している名前や年齢や教えてもらった情報が本当かどうかは分かりません。


相手が嘘を付いている可能性もあることを知っておきましょう。


また、自分からもむやみに名前や住所などの個人情報を教えないようにしましょう。悪用されないとも限りません。


被害にあわないためにも、しっかりと気をつけてください。


 


メル友募集、おすすめ掲示板大公開


それではお待たせしました、おすすめできるメル友掲示板を紹介します。


 


l  @メル友


国内最大のメル友探し専門サイトです、



完全無料で話題別や地方、年齢からメル友を探すことができます。


話題のジャンルもたくさんあるので、



最初から気が合う人を見つけられる確立があがりますね。


https://atmeltomo.com/


 


l  フレンドカフェ


こちらのサイトも全て無料で利用できますよ。



さらにメールアドレスは非公開なので、初心者でも安心してメル友を探すことができますね。



また、このサイトは18歳以上を対象にしているので、30代や40代、50代、60代以上の方も多いようです。



趣味別や地域、年齢からしぼって検索ができます。


http://www.friendcafe.jp/



 



まとめ


リアルの友達はもちろん大切ですが、相談しにくいことやもっと趣味の合う人と話をしたい場合、

メル友を探してみるのもいいですよね。


 


実際に顔を合わせるわけではないので、被害にあわないように十分に注意してください。



タグ:掲示板
nice!(1) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

2017年おせちのトレンドは、少人数用おせちの売れ行き好調など多様化が進展 [生活お役立ち情報]

1611071114.jpg

百貨店のおせち商戦がいよいよ佳境です。

2017年おせちのトレンドはどうなんでしょうか?
少し早いですが 人気おせちはすぐに売り切れてしまうのでまとめてみました。

「年末年始の特別な行事は良いものを食べたい」という人が多く、手間のかかるおせち料理は自分で作るのではなく、通販や百貨店などで購入する人が年々増えています。

昨年、婦人画報が行ったアンケートでは、
「おせちを購入しますか?」という質問に対して、購入するが60%です。
また購入しない人のうちで自分で作る派が16%です。

おせちを購入せず、自分で作らない人のなかでも、実家に行って食べるとかの人もいるでしょうから、正月におせちを食べる人の割合は80%を超えるのでは。

考えようによってはすごい数字です。
しかもその割合が増えて来ているようです。


「おせち市場は直近5年間で2割程度拡大している」と言われていて全体の売り上げを落としている百貨店業界でも、おせちは数少ない成長市場です。

販路については、やはりネットでの購入が増えていて、松坂屋名古屋店の昨年の数字では前年比20%増とのことです。

婦人画報のアンケートでも同様の結果で、ネットでの購入の流れは止まりません。
やはり選択肢が多くて好みのものを見つけ易いというのが大きな理由です。

平均購入価格ですが、松坂屋名古屋店では前年並みの2万3千円前後が見込まれています。

高島屋のおせち担当者の話では、予約前半は高島屋限定おせちや50,000円以上の老舗料亭など高額価格帯おせちが人気で、会期の後半は少人数用おせちが大きく売上を伸ばすという二極化がより一層強まっているとのことです。
(高島屋のおせちの中心価格帯は2万円から3万円です)

2017年おせちのいくつかのキーワードを挙げてみると次のとおりです。

■販売開始時期が前倒し
 上記でも述べたように各百貨店とも力を入れていて、販売開始日も早めです。

■個食・カップル・少家族向けのおせちが人気
 一人ぐらしだけどやはり正月はおせちが食べたい人、結婚を機におせちデビュー(正確には子どもの時には食べている人が多いので再デビューですが)するカップル。核家族や実家に帰省できない人向けに、1人前から2~3人で食べきれる手軽なサイズの商品が増えています。

■多様化の一層の進展
 伝統の和風おせちだけでなく和洋折衷や和洋中が増えてきているのはここ数年の傾向ですが、今年はさらにその傾向が増大しています。
元日に食べるおせちだけではなく、年越し用のオードブルとかおせちを模したスイーツセットも多数出てきています。また、食物アレルギーに配慮したおせちとか、高齢者向けのやわらかおせちも種類が増えているのはいいですね。


自分で作るという家庭は減っていますが、和風・洋風にこだわらず「おせち」という日本固有の伝統に回帰する傾向は増えているのは確かなようでいいことです。


おせちについてはこちらのサイトが網羅的にまとめてあるので便利です。
↓ ↓
2017年 通販おせち 徹底中身紹介と評価


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自動車保険の一括見積りでインズウェブとヤフー一括見積を利用した結果 [生活お役立ち情報]

自動車保険の一括見積を更改時期が迫ってきたので試してみました。の続きです。

実際の状況はどうだったのか?

・インズウェブの提携保険会社は 20社

AIU保険
SBI損保
あいおいニッセイ同和
アクサダイレクト
イーデザイン損保
エース保険
セコム損保
セゾン自動車火災
ゼネラリ
ソニー損保
そんぽ24
チューリッヒ
共栄火災
三井ダイレクト損保
三井住友海上
損保ジャパン日本興亜
朝日火災
東京海上日動
日新火災
富士火災

必要書類
保険証券(既に保険に加入している場合)
もしくは
車検証(新規に加入する場合)

入力画面はこのような感じ
1604242222.jpg

<注意点>
保険証券・車検証では分からない項目ととして 次のものがあるので、事前に確認しておいた方が良い。


1.エアバッグの有無と種類
2.年間の走行距離
※インズウェブ・ヤフーともに必要
 大体5000キロを基準として、レジャー用と頻繁に利用を分けていると思われる。
 おそらく保険料も異なるので、低めに入力するのもありだが、保険金支払い時に問題になる可能性も考えられるし、数千円の違いかと思われるので正直に入れるのを推奨します。
(会社によっては正確に累積走行距離数を入れさせるところもある)




16042422245.jpg

・ヤフー自動車保険一括見積りの提携保険会社は 7社

SBI損保
チューリッヒ
アクサダイレクト
セゾン自動車火災
ソニー損保
東京海上日動
損保ジャパン日本興亜

必要書類
インズウェブと同じ



必要書類はどちらも変わりありません。
(まあ、同じ保険見積りですから、変わったらおかしいでしょう)

ヤフーの提携保険会社は7社で、チェックしていただければすぐ分かるように、
7社ともインズウェブとも提携しています。

インズウェブは「最大20社のから一括見積り!」とうたっているので
7社すべてがインズウェブに含まれているヤフーに再度入力することは無駄なように感じますよね。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

自動車保険の一括見積りを更改時期が迫ってきたので試してみました。 [生活お役立ち情報]

1604242221.jpg

自動車保険の更改を6月にしなければならないので、
今の保険会社より安くなる会社はないのかなと思い、
一括見積を利用しました。

ちなみに、自動車保険では保険金請求を数回していて
最近数年の数字では差し引きプラスになっているかもしれません。

人身事故はありませんが、車対車の車両事故が主です。

選択基準はともかく安いこと(^^)

昨年は事故はなかったのですが、
一昨年に車対車の事故をおこして保険金を請求していました。

自己負担金は無かったのですが、
昨年の更改時に保険料がガッと上がっていて、ええっと驚いたのを覚えています。

教訓として身に染みたのは、貰える保険金の額と増える保険料を正確に
計算比較する必要があるということでした。

昨年も一応一括見積を利用しようとしたのですが、
事故があったために「あなたのケースは利用できません」との回答でした。

今年は無事故だったので、どうかなと思い再度挑戦しました。

利用された方はお分かりかと思いますが、
自動車保険の一括見積りって入力項目がやたら多いんですね。
入力画面数も多くて途中で止めたくなるほどでしたが、
ここで止めるといままでの入力作業が無駄になるので頑張って入力しました。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:自動車
生活お役立ち情報 ブログトップ